HOME > 書評目次 > 読書の記録 > ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』をようやく読了。
最初のうちはよかったのだが、段々ハリーの振る舞いが鼻についてきた。ルールを破って外出したり、自分の姿が見えないのをいいことに意地悪モルフォイに普段の鬱憤を晴らしたり。まぁ後でルーピン先生にこっぴどく叱られてハリーも反省するんだが、あまりに浮かれたハリーには呆れた。しかしハリーもまだ子供なので、あまり端然としたふるまいを期待するのもよくないか。

話の展開ぶりはハラハラドキドキできるものだったが、何だか途中で最後のオチが見えてしまった。1巻・2巻で、目立たないただの脇役に見える登場人物が真犯人だったり事件の鍵を握る人物だったりするというパターンが続いたので、3巻でもそうかなと思っていたらその通りだった。欲を言えばもうちょっとそこらへんを工夫して欲しかったような。

それから気になったのが、過去に戻れる魔法が出て来たこと。これはルール違反でない?それがあったら何でも可能になってしまう。作者は色々な理由をつけて、その魔法が滅多に使えないことを何度も強調してはいる。でもそういう魔法がハリー・ポッターの世界に存在するということは、のび太がドラえもんの道具を使って世界征服を企まない約束ごとと同じことになっちゃって、話の魅力が途端に薄れてしまう気がした。ストーリー展開に窮して作者が苦し紛れにタイムマシン的要素を取り入れたようにしか思えないしな。これが一番ガッカリだった点。これがあればハリーの両親だって救えてしまうような気がするし。
ハーマイオニーは分身の術を心得ているのかと思いきや、それが過去に戻る魔法であったことは意外だったけれど、それだけ。時間を行き来できる術は魔法の粋を超えているとも思うのだが……。
しかし全体的には細かい伏線までもが後々生かされて来て、その精密な物語構成はやっぱりお見事。

私が3巻で好きになったのはサー・カドガン。本の題にもなっている囚人ブラック氏に襲撃されて怯え切ったデブレディの代わりに、ハリーたちの寮の入り口の番人になってくれる絵の騎士なんだが、勇敢で決闘好きなわりには間抜けで愛敬がある。デブレディの任務を勇気満々で引き受けたのはいいが、あっという間に大失態をおかして左遷(?)されてしまう悲劇の脇役だ。
この人のモデルはドン・キホーテでないかな、と何となく思った。

スネイプ先生は相変わらずのサドぶりを発揮。ハリーがマゾだったら問題なかったのだろうが、非マゾとサドじゃうまくいかないのはある意味当然だ。私は1巻でスネイプ先生がハリーの命を救って以来、何となく「この人はいい人なんじゃないか……」と信じようとしてきたが、どうやらスネイプ先生のポッター嫌いは本物であった模様。何やらかなり屈折したお人らしいが、その陰険ぶりがそれなりにイイ。
実は先日映画の『ハリー・ポッターその1』も見たのである。映画自体は退屈だったが、実写スネイプ先生は素晴らしかった。本のスネイプ先生のイメージとはちと違ったが、あの口をちょっとしか開けない小声で早口な話し方、目つき、意地悪ぶり……小説の先生よりよかった。 4巻以降のスネイプ先生の活躍にも是非期待したい。最終巻で改心してハリーと和解などという甘っちょろい結末になりませんように。

アマゾン.jp へ: ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

原題: Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
著者: J. K. Rowling (ローリング)
出版年: 1999
日本語版
翻訳者: 松岡 佑子
出版社: 静山社

HOME > 書評目次 > 読書の記録 > ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
────────────────
(C) Hana 2003 ウィーン今昔物語