HOME > 書評目次 > 読書の記録 > 回天の門

回天の門

藤沢周平の作品は市井ものやフィクションのほうが好きなのだが、本書を読んで「藤沢作品に駄作がない」と言われているのはやっぱり本当だなとあらためて実感させられた。
本書の主人公は、草莽(そうもう、「民間」の漢語表現)の志士と著者自身が後書きで評している清川八郎である。清川八郎は幕末に、尊皇攘夷の倒幕派秀才として頭角を現していくが、志半ばにして暗殺されてしまう。倒幕活動の最中、彼は奇策を弄する佞猾であったとして、現在でも変節漢、山師といった謗りを受けている。だが藤沢周平は、その誤解に満ちた清川観を正すべく、学に勤しみ、武芸に励みながら日本の未来を見据えていた真の清川八郎の姿をあますところなく描き出している。

藤沢周平はあとがきで、清川八郎が幕末という時代を先駆けたことよりむしろ、彼が草莽の志士であったことにその悲劇が胚胎していたと述べている。そして「明治維新は、草莽からあますところなく奪ったが、報いるところはまことに少なかったのである」としているが、それでも幾多の草莽の志士があったからこそ、その累々たる屍の上に明治維新という花が咲き得たのではないか?
幕末という激動の時代は日本の歴史上大きな転換期にあたったゆえであろう、大名や御家人、上士においてだけではなく、民間や下士といった層からも数多くの優秀な人材を輩出した。清川八郎と相対する立場にいたが、徒士身分から勘定奉行にまで出世した川路聖謨(かわじとしあきら)などはその好例であろう。(さらに言えば、西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通などの出自もかなり低いものであった。)
これらの人物は時代の必要性に応えるようにして次々に現れ、その多くが志半ばにして消えていった。

短期間で大きな革命なしに近代化を成し遂げた国は日本とトルコだけだと言われているが、それでも血生臭い激動の時代を超えて日本は明治維新へと至ったのである。その犠牲となったのが、上で藤沢周平が言っていた「草莽の志士」たちであるわけだが、逆に言うと、そういった犠牲なしに明治維新は実現され得なかっただろう。江戸という泰平の200年間が育て上げた男たちが、封建時代の制約を破り、新しい時代への幕開けを切って落としたのである。ある者が斃れても、他の者たちがその後に続いた。その優秀な人材の豊富さが明治維新の成功へと繋がり、ひいては近代化の推進力ともなったのである。そこで日本の封建社会の身分制度内に押し込められていた潜在的インテリたちが一気に顕在化していったといってもいいかもしれない。彼らこそが、日本を未開文明国としてなめきっていた当時の西欧諸国を驚かせた日本文化の底力そのものであったのである。

藤沢周平が言うように、草莽の志士たち個々人が明治維新から得たものは僅か、或は皆無であったかもしれないが、その業績は目覚ましいものであった。そのうちの一人として、多くの誤解にさらされている清川八郎を取り上げ、その生涯を追った本書は、激動の時代を志士躍動の時代としても鮮やかに描ききっているのである。
[2004/07/02]

アマゾン.jp へ: 回天の門  (参考: 佐藤雅美著 官僚川路聖謨の生涯

原題: 回天の門
著者: 藤沢 周平
出版年: 1979

HOME > 書評目次 > 読書の記録 > 回天の門
────────────────
(C) Hana 2004 ウィーン今昔物語