他のC級グルメ
ソレッティとブレッツェル
赤・ザウアークラウト
毒サラダ
冬限定食品
レバーペースト
モーツアルト・クーゲル
レッド・ブル
アルムドゥードゥラー
アイスコーシー
ラプンツェル
梅ジャム団子
酸っぱい牛乳
果物シロップ
似非コアラマーチ
レモン入り緑茶
MIKADO
牛乳粥
炭酸水
猫歯磨きスナック
乳清

HOME > ウィーンあれこれ今物語 > ウィーンC級グルメ情報 / アイスコーシー

アイスコーシー (Eiskaffee)

ウィーンの夏の風物のひとつにアイスコーヒーがあります。アイスコーヒーと言えばただの冷たいコーヒーが思い浮かぶかもしれませんが、ウィーンでアイスコーヒーを注文すると、冷たいコーヒーにバニラアイスと生クリームがぷかりぷかりと浮かんだものが出てきます。このアイスコーヒーはどちらかと言えば、日本のコーヒーフロートに似ているでしょう。
ただ、このアイスコーヒー自体は全く甘くありません。そのためスプーンでバニラアイスを崩し食べながらストローでコーヒーを飲み、同時に生クリームの濃厚な味わいを楽しむのがよろしいかと思われます。私個人としては暑い夏の日に甘ったるいアイスをいくつも食べるより、バニラアイスが幾分か混じったアイスコーヒーを飲むほうがずっとリフレッシュできるような気がします。

夏であれば、大抵どこのカフェやレストランにもこのアイスコーヒーがメニューに並んでいます。ウィーン的夏気分を味わいたい方は是非一度このアイスコーヒーをお試しあれ。因みにアイスチーを頼むと、ごくごく普通の冷たい紅茶が出て来ます。

BACKHOME > ウィーンあれこれ今物語 > ウィーンC級グルメ情報 / アルムドゥードゥラー ‖ NEXT
────────────────
(C) Hana 2003 ウィーン今昔物語