他のC級グルメ
ソレッティとブレッツェル
赤・ザウアークラウト
毒サラダ
冬限定食品
レバーペースト
モーツアルト・クーゲル
レッド・ブル
アルムドゥードゥラー
アイスコーシー
ラプンツェル
梅ジャム団子
酸っぱい牛乳
果物シロップ
似非コアラマーチ
レモン入り緑茶
MIKADO
牛乳粥
炭酸水
猫歯磨きスナック
乳清

HOME > ウィーンあれこれ今物語 > ウィーンC級グルメ情報 / レッド・ブル

レッド・ブル (Red Bull)

レッド・ブル レッド・ブルはオーストリア人の元気のもと、つまりオーストリア産エナジー・スタミナドリンクです。アルムドゥードゥラーが1950年代に作られたのに対し、レッド・ブルは1987年から売り出されており比較的新しい飲み物ですが、その人気は中々高いようです。
元々はレッド・ブルの創始者がアジアへの出張で様々なスタミナドリンクを目にしたのがきっかけでレッド・ブルが作られるようになったそうです。どうも私は『1980年代のアジアでスタミナドリンクが沢山あった国=日本』というような気がしてならないのですが、真偽のほどは不明です。
いずれにせよ商売は順調なようで、レッド・ブル社のサイトを見ると、オーストリアをはじめとして世界中に支社があります。しかしさすがに日本にまではレッド・ブルも輸出されていないようで、ちょっぴり残念な気がしないでもありません。

味はコーラを濃くして薬草をぶち込んだ炭酸飲料といったおもむきで、「これを美味しいと表現していいのだろうか?」と悩んでしまいそうになります。しかしレッド・ブルはスタミナドリンクですから、味は結局のところあまり重要でないのかもしれません。
肝心の覚醒元気効果のほうですが私は元々ユンケルやリゲインを飲んでも効き目を感じない人間ですので、レッド・ブルを飲んでも特に何も感ずるところはありませんでした。ですからまずは自己暗示をかけてからレッド・ブルを飲むほうが、プラシ―ボ効果とあいまり効き目が倍増していいかもしれません。

BACKHOME > ウィーンあれこれ今物語 > ウィーンC級グルメ情報 / レッド・ブル ‖ NEXT
────────────────
(C) Hana 2003 ウィーン今昔物語