HOME > 更新記録

更新記録

2004/10/30

小文をブログにしてみました。URLは http://hwien.exblog.jp/ です。これからは「小文」のタイトルにも合うように、本当に短文を書いていく予定。

2004/07/30

今月の本の書評だけ更新。本読み期に入っているので、しばらくは他のことはお休み。

2004/07/02

やっと5月、6月分の書評を書き上げました。
面白く読んだのは、ヒットラーの姪と恋に落ちた男性についての『総統の親友』、モーツアルトの姉、ナンナルの伝記『ナンナル・モーツアルト』、猫の猫による人間のための推理小説『猫たちの聖夜』など。図書館でずっと予約待ちしてやっとのことで読んだオカルト本『ウィーン怪奇譚』は期待外れでしたが。

2004/05/01

3月、4月に読んだ本の書評をアップ。一番面白かったのはやっぱりハリー・ポッターの5巻かも。しかし(短期間ながらも)スペインハプスブルク家勃興のきっかけを作ったフィリップ一世の妻、ヨハンナの伝記も面白かったです。彼女は狂人ということで、50年近くも死ぬまで幽閉され続けるのですが、歴史に翻弄された一女性の記録としても、スペイン及びハプスブルク史の一局面としても、読み応えのある本でした。

2004/03/08

取り敢えず、2月に読んだ本の書評をやっと書き上げたのでアップ。個々の本のタイトルについては書評読書の記録を御覧下さい。今月のお薦めは『ハプスブルクの女たち』。怖いもの見たさから『病理・解剖博物館写真集』も見てみましたが、結構クラクラしました。

2004/02/21

更新というよりはお知らせ。
このサイトの構成についてのページにも書いておきましたが、当サイトに載せてある写真で、私自身が撮ったものについては(つまり「この写真は〜からお借りしました」などと断り書きのついていない写真)、ネット内で御自由にお使い下さい。たまに「写真使っていいですか」と訊かれることがあったのですが、どれも大した写真でなし、使いたいとおっしゃる方がいるなら是非使っていただきたいと思った次第です。また「無断転載厳禁!」としたところで、それが守られるわけでもないですしね。
改変も御自由にどうぞ。写真の出自を明記していただく必要もありません。ただし直リンクはやめて下さい。

2004/02/03

2003/12/31

あわわ、日本はもうとっくに新年に突入してしまったようですね。大掃除と洗濯と買い物を終え、私もやっと心置きなくギリギリ大晦日更新ができます。
来年はどんな年になるのでしょう。不安なような楽しみなような。このサイトを読みに来て下さっている方々もどうぞよいお年をお迎え下さい。

今月もあれこれ今物語の内容ばかり更新。歴史のほうも更新したいのだけれど、なかなか……。

2003/12/23

先日見て来た拷問博物館宮廷家具博物館をアップしました。家具博物館のほうはお薦めですが、拷問博物館は行く価値ナシです。プラーターのちゃちなお化け屋敷と比較できるレベルの博物館でした。
宮廷家具博物館にはあのシシィの写真がいくつか展示されており、それをじっくり眺めて来ましたのですが、(あまり有名でない)シシィ30歳頃の写真では、彼女の容色はとっくに衰え出しているように見えました。『皇帝と二人の花嫁』という本の感想にも書いたように、やっぱりダイエットのし過ぎで彼女の老いは早かったのではないかなぁと思いましたが、どうなんでしょう。年をとるにつれて写真嫌いになっていったというシシィも、自分でそれを自覚していたのではないかと考えてみるのはうがち過ぎでしょうかね?

2003/12/02

2003/11/01

気づかれた人もいるかもしれませんが、先月の中ごろから小さなカウンターをまたつけました。これは KUMAZO RENTAL HOUSE というところからお借りしました。

2003/10/01

2003/09/05

しばらく放置している間にカウンターの数字が4万を突破。びっくりしました。
と書こうと思っていたら、いつのまにかカウンターが消えていてびっくりしました。面倒なのでしばらくはカウンターなしでやっていきます。

HOME > 更新記録
───────────────────────
このサイトの全てのページへのリンクは御自由にどうぞ
(C) Hana 2003-2004 ウィーン今昔物語