ウィーンの歴史 ┃ あれこれ今物語 ┃ 書評

HOME > ウィーンの名所・旧跡 > 王宮 > 新王宮

新王宮 (Neue Hofburg)

新王宮 この王宮はリンクを隔てて立つ二つの博物館と共に1881年から建設が開始され1913年にようやく完成した。この反対側には全く同じ宮殿がフォルクス庭園にも建てられる予定であったという。
新王宮はまず1871年にゼンパーによって設計され、1881年ハーゼナウアーの指揮の元に建設が開始される。だがその後も建築責任者が何度も変わったため、 王宮の様式はところどころバラバラなものになっている。(と本には書いてあるが、素人目には何がどうバラバラなのかわからない。)
王宮先端のリンクに面した部分は コープ・ド・ロジー(Corp de Logis;発音自信なし?フランス語?) と呼ばれ、現在ここには民俗学博物館と武器博物館の一部が入り、国立図書館の肖像コレクションと写真資料集も納められている。王宮内には1966年より国立図書館の一部が入り、その他にも美術史博物館の芸術品などもここに納められている。


BACKHOMENEXT

────────────────
(C) Hana 2000-2002