HOME > ウィーンの名所・旧跡 > 美術館・博物館情報 > 病理・解剖博物館

病理・解剖博物館 (Pathologisch-Anatomisches Bundesmuseum)

住: 9区シュピタル小路 (Spitalgasse) 2番地。入り口はファン・スヴィーテン小路( Van-Swieten-Gasse )にある。
開: 水曜;15時から18時、木曜;8時から11時、第一土曜;10時から13時。
8月と祝日は休館。
入: 無料。建物の由来や陳列物の説明などのガイドは20シリング。
駅: 市電5、33、43、44;Lange Gasse、リンク駅ショッテントーア (Schottentor) から2駅目。同駅から徒歩約10分。
停車駅の Lange Gasse から大学のキャンパス(長い壁で囲まれた公園様の場所)内に入り、そこから北東の方向にずっと歩いていくと見つかる。茶色で窓の少ない塔状の建物。大学構内のあちこちに貼ってある地図を見るとわかりやすいかもしれない。地図上では右上に描かれている円形の大きな建物で、Narrenturm と書いてある。
HP: (英・独) http://www.pathomus.or.at/
注:

BACKHOME > ウィーンの名所・旧跡 > 美術館・博物館情報 > 病理・解剖博物館 ‖ NEXT
────────────────
(C) Hana 2001-2002 ウィーン今昔物語