HOME > ウィーンの名所・旧跡 > 美術館・博物館情報 > 歴史博物館

歴史博物館 (Historisches Museum)

18世紀の樽屋の宣伝人形。左がダメな樽屋で右が模範的樽屋。 住: 4区カールス広場 (Karlsplatz) 8番地。
開: 火曜から日曜、祭日の9時から18時まで。
入: 大;3.6、学・小;1.4、老・障;1.8、家(大人2人と19歳までの子供複数);5.4。
その他金曜の午前中は入場無料。
駅: 地下鉄 U1、U2、U4などの駅カールスプラッツ下車、徒歩3分ほど。
HP:
注:

ステンドグラス 嘲り 樋嘴(前から) 樋嘴(後ろから)

1390年頃製作されたハプスブルク家ステンドグラス。左から順にアルブレヒト二世、ルドルフ二世、ハインリッヒ一世で、これは元々シュテファン寺院にあった。

バロック時代の彫刻家メッサ―シュミットの傑作人相描写シリーズのひとつ、『嘲り』。これは紛失したオリジナルから型取りされた石膏模型で、1770年頃のもの。

1440年頃作られたシュテファン寺院の樋嘴(ひはし)の前後。これは寺院の西壁に据え付けられていたそうである。
何だかキュートで気に入ったので、写真を撮って来た。

BACKHOME > ウィーンの名所・旧跡 > 美術館・博物館情報 > 歴史博物館 ‖ NEXT
────────────────
(C) Hana 2002 ウィーン今昔物語