ウィーンの歴史 ┃ あれこれ今物語 ┃ 書評

HOME > ウィーンの名所・旧跡 > 国立オペラ座

国立オペラ座 (Staatsoper)

リンクから見た国立オペラ座 リンクとケルントナー通りが交わる角に立つ石造りの壮大な建物が国立オペラ座である。これはウィーンを取り巻く城壁が19世紀後半に取り壊された後にリンクに建てられた二番目の歴史的建築物でもある。(一番最初に立てられたのはヴォティーフ教会である。)

オペラ座の設計は建物担当のシッカ―スブルク (August von Siccarsburg) と装飾担当のニュル (Eduard van der Nuell) によるもので、1861年から1869年の間に建てられた。これはロンバルディア、フランス、ドイツのルネッサンス様式を統一したもので、この様式の最高峰と同時に最後をも極めてしまった。そのためオペラ座は時代遅れだと散々に酷評され、それを苦にしたニュルはオペラ座完成を見ることなく1868年に自殺し、シッカ―スブルクはニュルの死の2ヶ月後に病死した。
オペラ座の二階談話室、大理石の間 オペラ座の内部装飾には当時のウィーンの有名芸術家たちが腕をふるい、あちこちに音楽や芸術を意味する寓意のちりばめられた華麗な世界が作り出された。例えば外から見えるオペラ座正面の開廊二階に立つ5体の立像はそれぞれヒロイズム、ドラマ、想像、喜劇、愛を表し、その後ろの壁にはシュヴィント (Moritz von Schwind) によるモーツアルトのオペラ『魔笛』の場面がフレスコで描かれている。また、内部の吹きぬけの壁には『オペラ』と『バレエ』というテーマで描かれた2枚のフレスコ画が飾られ、芸術を表す7体の像もあちこちに立っている。
皇帝専用の豪華休憩室 1869年に完成したオペラ座では同年の5月にモーツアルトの『ドン・ジョヴァンニ』が柿落としに上演され、以後オペラ座はウィーン上流社会のシンボルともなっていく。しかし第二次世界大戦においてオペラ座は正面部分と中の吹きぬけを残して大きく破壊されてしまい、1955年にようやく修復工事が終了する。 その際オペラ座の外側はそのまま、内部は若干の変更を加えて修復された。(例えば舞台正面の皇帝専用席は元は煌びやかに飾り立てられていたそうだが、現在では他のボックス席と変わらない赤基調の作りとなっているだけである。)修復工事の後、オペラ座は1955年の11月にベートーベンによる唯一のオペラ『フィデリオ』上演を機に再び幕を上げる。その後のオペラ座は再び以前の勢いを取り戻し、マーラーや小沢征爾など世界に冠たる指揮者のもと今日まで美しい音楽を紡ぎ続けてきた。


オペラ座内部の観覧について
上演がない昼間にはオペラ座の内部を見て回るガイドもある。日本語のツアーもあるので、オペラを見る気がなくても内部をのぞいてみたい人にはお薦め。下の写真のような国立オペラ座の舞台裏を存分に見て回ることができる。 どの言語のガイドがいつあるのかは、ケルントナー通りに接しているオペラ座右手の掲示板に表示されている。
ちなみに私の参加した日本語ガイドのガイドさんはオーストリア人で、日本語がちょっと下手だった。そのため説明の内容がわかりにくい部分もあり、正直残念な気持ちもした。

ガイド料金は大人4.5、老人3.5、学生2.0、14歳までの子供1.5で、ガイドには約40分かかる。
参考: 国立オペラ座のサイト

工事中のオペラ座舞台

後ろの出入り口には直接トラックが横付けして、大道具を舞台に運び込めるようになっている。

横手から見た舞台

ちょうど上からライトを下ろして調整しているところであった。


BACKHOMENEXT

────────────────
(C) Hana 2002